2010年9月6日月曜日

MIHO MUSEUM・秋の特別展

MIHO MUSEUMの、秋季特別展が始まりました〜!

今回の特別展のテーマは、
「古陶の譜 中世のやきもの−六古窯とその周辺−」。

このMIHO MUSEUM、我が家のお気に入りの美術館で、
半年に一回くらいは見に行きます♪
夏季の特別展を見逃してしまったので(泣)
秋季はゼッタイ行くぞー!と、思っているところです。
やきもののことは、よく知らないんですが、
この写真のつぼ、なんだか素朴で、ほっとします・・・

MIHO MUSEUMに行くと、
清々しいような、心が満たされていくような、
とても良い気持ちになります・・・♪

自然がいっぱいで、空気もおいしいし、
桃源郷伝説をイメージして造られたという建物も、すごくきれいだし・・・

何より、いい作品を見ると、
心が清められるんですね・・・・・・

そう、絵描き修行をしていて、いつも思うのは、
「芸術作品は、作り手の心を映すもの、
そして、見る人の「心」に直接働きかけるものでもある」、ということ。

わたしの作品は、わたしの心を映す。
それが、見る人のこころに、どんなふうに働きかけるのか・・・

見る人のこころが、きれいになるような作品を作るためにも、
もっともっと、いいものを見に行かなくては!!♪


素晴らしいところなので、みなさんも、ぜひ、
行ってみてください!!
滋賀県の甲賀市信楽町にあります(^^)

公式ホームページはこちら♪