2008年12月4日木曜日

[12.6まで!]国際児童文学館・存続要望書提出にご協力ください!

当ブログでも、何度か取り上げた「大阪府立国際児童文学館存続問題」。
府議会の9月定例会で、存続の請願が全会一致で可決されたにもかかわらず、
いまだ知事の意向は変わらず、移転事業のための予算が請求されています。
その額、なんと7億6202万8千円!!

存続して、通常通り運営すれば、1億7851万1千円ですむのに・・・

普通の運営予算の4倍以上のお金をかけて、今まで培ってきた文化を無にしようと言うのです。
本来なら、大切な税金を使って、府民に豊かな暮らしをもたらすところを、
税金を無駄にして、豊かな文化を奪おうとするなんて、ゆるせません!!
何か行動を起こせないものか・・・

↓そう思っていたところ、こんな記事を見つけました。↓
「帰ってきたハナログ」より「大阪府立国際児童文学館の存続を求める要望書について・お願い」

「児童文学館の存続を求める要望書を大阪府教育委員会宛に送りたい」と、
要望書に有志として名を連ねる協力者を求めておられます。

わたしも、協力者として、早速メールをお送りしました。
協力者の募集は、6日までだそうです。
私からもお願いいたします。
ご協力ください!!

*大阪府立国際児童文学館

関連記事
大阪府立国際児童文学館!そして、その危機…

注目リンク!
☆大阪府の国際児童文学館を応援します!