2008年7月13日日曜日

絵本・『なすのりょこう』

今回は、えほんです♪
『心の免疫力』の沙於里さんの文章から、わたしが勝手なイメージをふくらまし、
つくってしまいました・・・♪
沙於里さん、ありがとうございます!!
それでは、はじまりはじまり〜…

『なすのりょこう』


今年も、おひさまの光をすって、
ふっくらつやつや おいしいナスが、たくさんたくさんできました。


けれどもナスたち、じつはあつがり。
「・・・おひさんよ〜、このごろ暑すぎやしやせんか?」
「うんうん、そうそう、あついねぇ〜・・・」
「よ〜し、こうなったら!」




えだからはなれて、とてとて走って…


ちかくの川に・・・・・・ぽちゃん!ぽちゃん!ぽちゃん!

「すずしい〜♪」


どこからか、大きな葉っぱが流れてきました。
「ねえねえ、これにのってみよう!」


「ナスビー号、しゅっぱつしんこう!!」
葉っぱの船でクルージング。
お船で、どんどん川を下ったら・・・・・・



「海だー!!」


ざぶざぶばしゃばしゃ海水浴
たのしいけれど、やりすぎちゃうと…


あらら、しわしわ。
『塩づけ』になっちゃう・・・?!
「よーし、そろそろひきあげだー」



・・・次の日。
なすを収穫したおじさんは、ほんのり潮の香りのなすたちに、ちょっぴり首をかしげたとさ。

沙於里さんのブログは、こちら♪↓
『心の免疫力〜書とことばから〜』