2008年6月26日木曜日

国際児童文学館を残そう!・・・パブリックコメントにみなさまのお声を!!

前にも書きましたが、大阪府立国際児童文学館が、府政によって危機にさらされています・・・!!
しかし、これが最終決着というわけではなく、
パブリックコメントを集めて、それから7月に審議にかけることになっているそうです。

あきらめるのはまだ早い!!!

パブリックコメントで、大阪の文化を守りましょう!!!

以下、財団法人大阪国際児童文学館のHPから引用します。

『このたびは、大阪府立国際児童文学館・財団法人大阪国際児童文学館の存続のためにみなさまからのご支援をいただき、本当にありがとうございました。

6月5日に発表されました大阪府の「財政再建プログラム案」では、当館は21年度中に廃止し、中央図書館へ移転するという、まことに厳しい提示がされています。※

 当館がこれまで果たしてまいりました役割・機能について、全く評価していただいていないと感じ、まことに残念至極です。

しかしながら、これで、最終決着というわけではありません。
 今後、この案を6月13日から始まっているパブリックコメント(市民からの意見募集)にかけ、7月に府議会で審議される予定となっております。それゆえ、我々としては、引き続き存続に向けて理解が得られるよう、最大限努力していきたいと考えています。

 今後ともご支援、ご鞭撻のほどどうぞよろしくお願い申しあげます。

 パブリックコメントは、6月13日(金)〜7月14日(月)までです。

大阪府ホームページの
https://www3.shinsei.pref.osaka.jp/ers/Uketuke/Form.do?tetudukiId=2008060006からお入りください。

 なにとぞよろしくお願い申しあげます。


大阪府立国際児童文学館 館長
向 川 幹 雄


※案の全容は大阪府のホームページhttp://www.pref.osaka.jp/ でご覧いただけます』


関連記事:「大阪府立国際児童文学館!そして、その危機・・・